狭い部屋を広く見せるレイアウトのコツ5選【一人暮らし向け】 | メーベルライフマガジン
暮らしの豊かさを発信する、ライフスタイルメディアメーベルライフマガジン

狭い部屋を広く見せるレイアウトのコツ5選【一人暮らし向け】

一人暮らしをしていると、部屋の狭さによる窮屈感や圧迫感について悩みますよね。

「そもそも部屋が狭いのだから仕方ないか……」と、自分に言い聞かせた方もいるのではないでしょうか。

そうやって仕方ないと諦めていた方でも、「レイアウトのコツ」を知るだけで、ゆとりのある居心地の良いお部屋が作れるかもしれません。

そこでこの記事では、一人暮らしの狭い部屋を広く見せる家具レイアウトのコツをご紹介していきます。

 

背の低い家具を置くと広く見える

部屋を広く見せる工夫として、一番基本的な方法は、家具そのものの高さを低くすることです。

背の低い家具を置くことで、部屋を見渡した時に視線が抜け、空間に広がりを感じさせることができます。

背の高い家具を壁に並べた時にありがちな、家具が迫ってくるような圧迫感もありません。

 

背の高い家具を配置している場合は?

低い家具を選べば良いと分かっていても、収納の関係で背の高い家具を諦めたくないこともあるでしょう。

しかし、何も考えずに背の高い家具を置くと、圧迫感を感じる部屋になってしまうことに。

では、背の高い家具を置いても部屋を広く見せるためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

 

ポイント①家具は背の順に並べよう

1つ目のポイントは、家具を並べる順番です。

 背の高い家具を置く際の基本ルールは、2つ。

ドアの正面に背の高い家具は置かないこと、そして、奥に行くにつれて低くなるように、背の高さ順に並べることです。

ドアを開けた時、最初に目に飛び込んで来る場所に背の高い家具を置くと、それだけで閉塞感を感じてしまいます。奥に向けて空間が開けて見えるように、高さに気を付けて配置しましょう。

また、窓のある方が低くなるように、家具を並べるのもおすすめです。窓の外へ向けて視線が抜けるので、開放的に感じます。

 

ポイント②背板をなくせばすっきり見える

2つ目のポイントは、背板のない家具を選ぶことです。

 例えば、画像のようなサイドボードやテレビボード、棚などは、いずれも背板がありません。

背板がないことによって、後ろの壁まで視線が抜けるため、広がりを感じることができます。背板の有無は、わずかな差であるように見えますが、部屋に設置してみると想像以上に圧迫感の違いを感じるはずです。

 

ポイント③脚がある家具を選んで、重厚感を軽減

3つ目のポイントは、家具の脚です。

こちらもわずかな差に感じますが、家具に脚があることで床が見えるため、閉塞感が解消されて広く感じます

また、脚があることで不思議と家具自体が軽く見えるため、家具の重量感を軽減させる効果も期待できるでしょう。

 

ポイント④棚に飾るものを工夫しよう

4つ目のポイントは、棚に飾るものです。

 背板のない棚や、脚のある棚を選んでも、ぎちぎちに物を詰め込んでしまっては台無しです。たくさん物が収納された棚は、それだけで重く感じてしまいます。

部屋に棚を設置する場合は、下の段ほど重いものを、上の段ほど軽いものを収納するのが鉄則です

また、上段は収納として使わず、あえて飾り棚として使うのもおすすめです。

背板のないシェルフであれば、壁紙まで視線が抜けるため、一層効果が期待できます。

 

ポイント⑤統一感とナチュラル感を意識しよう

最後のポイントは、家具を選ぶ際に、統一感とナチュラル感を意識することです

家具の色や素材がバラバラだと、視線があちらこちらへ引っ張られてしまいます。すると、部屋が整理されていたとしても、散らかった印象を受けてしまいがちです。

また、強い色や濃すぎる色は、それだけで圧迫感があります。背の高い家具であれば尚更です。

家具の色や素材を統一すること、できるだけ自然に近いナチュラルな色を選ぶことは、大切なポイントです。それだけで、部屋の雰囲気は、ぐっと明るく柔らかなものになります。

 

家具の買い替えも1つの方法

一人暮らしの狭い部屋でも、工夫次第で広く見せることができるコツをお伝えしてきました。

家具のレイアウトを変更したり、小物を工夫したりといった方法も有効ではあります。しかし、思い切って家具を買い替えてみるのも、部屋を広く見せるための近道かもしれません。

計算されたデザインの家具は、引っ越しなどで部屋を移っても、長く愛用できます。

部屋で過ごす時間をもっと快適にするために、お気に入りの家具を見つけて、模様変えをしてみてはいかがでしょうか。

 

【今回出てきた商品詳細はこちら!】

・WAO(ワオ)シリーズ

・SORAHE(ソラヘ)シリーズ

 

【あわせて読みたい ! 部屋を広く見せるために】

北欧に学ぶ 家具や空間づくりを大切にする文化とその先にあるものとは?

普段はコンパクトに、パーティー時は広々使えるおすすめの「伸長テーブル」をご紹介!