サイドテーブルを活用しておしゃれにレイアウトするコツ! - メーベルライフマガジン
暮らしの豊かさを発信する、ライフスタイルメディアメーベルライフマガジン

サイドテーブルを活用しておしゃれにレイアウトするコツ!

サイドテーブルを活用しておしゃれにレイアウトするコツ!

みなさんは、サイドテーブルをうまく活用できていますか?

家具といえば、棚・ダイニングテーブル・椅子などをイメージする人も多いかと思いますが、実はこの家具も活用次第ではお部屋の雰囲気を大きく変えてくれる優れもの。

どんな風に活用したらいいかわからない、使っているイメージがわかない人もこれを読んでお部屋をオシャレに演出しサイドテーブルを有効活用しましょう!

サイドテーブルで部屋をおしゃれに見せるコツ

サイドテーブルで部屋をおしゃれに見せるコツ

1. ソファーとバランスが大事

お部屋の印象を作るのはソファーとダイニングテーブルなので、主役の家具とのバランスが崩れるようなデザインや形を選ぶことが大事です。

ソファーの右にサイドテーブル、左に高さのある観葉植物など、ソファーとの左右のバランスを意識してサイドテーブルを設置するとおしゃれに見えます。

もしくは、ソファーの中心に来るようにサイドテーブルを設置するのも良いです。

2. インテリアとして活用する

サイドテーブルをテーブルとしてではなく一つのインテリアとして活用するのもお部屋のオシャレな雰囲気がアップします。

例えば、サイドテーブルの上に写真や照明、観葉植物など置くのもオススメです。

3. 寝室をホテル風に演出

3. 寝室をホテル風に演出

サイドテーブルを寝室のベット横に置くだけでホテルの様な雰囲気に早変わりします。まるでホテルライクのような寝室としてサイドテーブルを活用しましょう。

サイドテーブルの上に間接照明を置くことで、落ち着いて空間で寝る前の読書も可能です。

4. 玄関に活用する

廊下やリビングの入り口などに設置し、ウェルカムスペースとして活用するのもいいです。ウェルカムボードや芳香剤など家に入った瞬間おしゃれが演出できます。

失敗しないためのサイドテーブルを選ぶポイントとは?

失敗しないためのサイドテーブルを選ぶポイントとは?

置く場所を明確にして選ぶ

置く場所によってサイドテーブルに求めるものは変わります。

場所によってサイドテーブルの活用方法も異なりますので以下の点も参考にしてみてください。

リビング

リビングに設置する時は、ソファーの肘掛けよりやや低めを選ぶと、座りながらでも使いやすいサイドテーブルとなります。

床板もしくはダイニングテーブルと同系色にすると違和感なくリビングに馴染むでしょう。

寝室

寝室はベッドサイズに合わせることがポイントです。

ベッドの高さと同じくらいかベッドよりマイナス5cmくらいの高さがベストです。

必要な時だけ使えるものを選ぶ

折りたたみのサイドテーブルもあるので、必要な時だけ出して使用するのもいいでしょう。

お部屋の雰囲気に合わせる

サイドテーブルは家具の隣に置くことが多いので、周りの家具に合わせた色を選ぶのがベストです。

メーベルトーコーおすすめのサイドテーブル

失敗しないためのサイドテーブルを選ぶポイントとは?

【リビング・子供部屋・玄関・寝室にオススメ】

ドイツ語で純粋を意味するREIN(ライン)は、洗練された独特の存在感を持つオーク(ナラ)材を使用。

リビングテーブルより小振りで、ソファに座ったときより近くで使用することが出来るので、シーンを問わず様々に活躍してくれるかしこい家具です。

サイズ :W680 D300 H480 mm

お買い求めはこちら

mio LIVING TABLE

【リビング・書斎・子供部屋・寝室にオススメ】

リビングテーブルのスタンダードは400~450mm程度ですが、このテーブルは500mmあります。従来の高さだとソファから身を屈めてものを取らなくてはいけません。

しかし、このテーブルの高さだと楽な姿勢で届き、さらにノートPCや書き物なども可能になってきます。

また、幅1100mmのテーブルなのでリビングだけではなく、こども部屋や寝室、書斎のサイドテーブルとしても活躍します。

サイズ :W1100 D600 H500 mm

mio LIVING TABLE
mio LIVING TABLE

お買い求めはこちら

まとめ

今回は、サイドテーブルをご紹介しました。

1972年に創業したメーベルトーコーは、イージーオーダー家具や、天然木を加工した「突板」による創造性豊かな木製家具を得意としています。

私たちメーベルトーコーは、「木材という資源を大切に使う」「木材それぞれの持っている表情を生かしながら創意工夫し表現する」というミッションを掲げています。そのため突板の使用にこだわったものづくりに取り組んでいます。

デザイナーの感性に共感するメーベルトーコーは、「SORAHE」「half chair op. 1」「WAO」などの家具を手掛け続けています。

今回みなさんにご紹介した製品以外にも、日々の生活を彩る家具を多数ご用意しております。

オンライン販売も承っておりますので、ご興味のある方は、ぜひ一度、弊社のウェブサイトをご覧ください。